化学品専門商社の大成化薬

大成化薬株式会社

THE KAITEKI COMPANY

お問い合わせ | 最適なサービスをご提案しますのでお気軽にご連絡ください

  • 東京03-3272-6681
  • 大阪06-6201-5590



受託加工

「混ぜる」「溶かす」「小分け」など、さまざまなニーズにお応えします。

PVA水溶液

接着・紙加工・懸濁剤・乳化剤・繊維加工・成型…非常に用途の広いPVA(ポリビニルアルコール)を溶解させたPVA水溶液です。
PVAは粉末の状態から溶解して水溶液とするためには専用の装置が必要となり、決して容易ではありません。またPVA水溶液のニーズは用途によって実に多種多様です。お客様の様々なニーズに応じて最適なPVA水溶液をご提案し、製造・販売しております。
この商品はそうしたお客様のニーズにお応えするためのものです。

商品お取引までの流れ

  1.  使用するPVA(PVOH : ポリビニルアルコール)の選定

    用途に応じて最適なPVA水溶液を選定します。お客様が必要とされているPVAや用途についてお知らせ頂き、最適なPVA水溶液をご提案します。
    選定するPVAの分類は下記、三菱ケミカル株式会社のゴーセノール専門サイトをご参照下さい。
    ゴーセノール.com

  2.  濃度の決定

    PVAは用途によって最適な濃度があります。

  3.  製造単位・包装形態の決定

    製造されたPVA水溶液を納品させて頂く形態についてご要望をお伺いします。

  4.  防腐剤の有無を決定

    PVA水溶液は通常腐敗を防止するために防腐剤を加えます。しかし用途によっては防腐剤を加えられない場合があります。お客様の用途やご要望に応じて防腐剤について有無を決定します。

  5.  納入商品の決定

粘度/包装形態/製造単位

粘度 最大 30,000mPa.s(20℃)
包装形態
  • 15kgキュービテナー
  • 18リットル缶
  • 25kgファイバードラム
  • 180kgドラム
  • 1トンコンテナ
などを各種ご用意いたします。
製造単位 溶解槽は200kg~4000kgですが、サンプルの製造などについてはご相談下さい。

ご注意

  • PVA水溶液に対する他の混合物についてもご相談下さい。
  • PVA水溶液は防腐剤が未添加の場合、きわめて早い段階での発黴があります。そのため品質保証期間を設定いたしかねます。
  • PVA水溶液はPVAの性質上温度により粘度が変化いたします。
  • 入り目は水溶液の比重により多少増減いたします。


  • 大阪06-6201-5590
  • 東京03-3272-6681